がん保険

概要

がんの治療のために診断、入院、通院、手術、治療を受けた際の保障です。

利用のタイミング

がんの診断、入院、通院、手術、治療時
※原則は3年以内であれば請求可能です。

対象者

がんに罹患した被保険者・保険契約者など

利用方法

生命保険会社指定の書類など
主に
・給付金請求書
・保険会社所定の入院・手術等診断書

申請窓口

ご契約の生命保険会社コールセンターなど

効果

がんの診断、入院、通院、手術、治療を受けた時に給付金を受け取れ(※保障内容によって異なります)、ご家族の経済的負担を軽減します。

よくある質問

Q1:入院中に入院給付金の請求はできますか?

A1:入院中でも入院期間に相当する給付金を請求できます。その際は入院証明書に記載された日までのご請求になるので、残りの入院期間がある場合は後日改めて請求してください。

Q2:海外での入院等も保障の対象になりますか?

A2:日本国内における病院、診療所と同等の医療施設への入院等であれば保障の対象となります。

Q3:給付金に税金はかかりますか?

A3:給付金の受取人が被保険者(患者様)、その配偶者、もしくはその直系血族(子・孫、親、祖父母)または生計を一にするその他の親族の場合、非課税になります。
※上記以外の方が受け取った場合は所得税の課税対象となります。

Q4:給付金を受け取った場合、確定申告は必要ですか?

A4:不要です。ただし、医療費控除を受けられる場合は確定申告が必要です。

アンケートに回答する

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ戻る