遠距離介護割引

概要

ご家族が患者さんの介護のために移動される際の航空運賃が割引されます。患者さんご本人が利用できる場合もあります。

 ・日本航空 介護帰省割引
 ・全日空 介護割引
 ・スターフライヤー 介護割引
 ・ソラシドエア 介護特別割引

日本航空 全日空 スター
フライヤー
ソラシドエア
名称 介護帰省割引 介護割引 介護割引 介護特別割引
対象者 要介護・要支援認定を受けた人の2親等以内の親族、
配偶者の兄弟姉妹の配偶者、子の配偶者の父母
介護する人は満12歳以上 要介護・要支援者本人も利用可 要介護・要支援者本人も利用可
ネット予約 不可

利用のタイミング

患者さんが要介護・要支援などの介護保険の認定を受けていること。

対象者

航空各社によって異なる場合があります。
・要介護・要支援の認定を受けた人の2親等以内の親族
・配偶者の兄弟姉妹の配偶者
・子の配偶者の父母
・要介護・要支援を受けている患者さんご本人など

利用方法

必要な書類を準備し事前に会社に申し込み、「介護割引パス」の発行や航空会社カード「介護割引情報登録」を行う
・介護保険証あるいは介護認定結果通知書のコピー
・要介護者との関係がわかる戸籍謄本などの書類

申請窓口

各社国内線カウンター、旅行会社、ネット申込みなど

効果

通常の航空運賃の3割程度の割引を受けることができる

よくある質問

Q1:新幹線などの割引はないのでしょうか?

A1:新幹線については、介護に限定した割引ではありませんが、「回数券」「エクスプレス予約」「e5489(JR西日本ネット予約)」などを利用される方もいるようです。

アンケートに回答する

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ戻る