遺族厚生年金

概要

厚生年金に加入している人が亡くなった場合、その方に生計を維持されていた遺族に支給される年金です。

利用のタイミング

・厚生年金加入の会社員が現役で亡くなったとき(在職中に亡くなったとき)
・老齢年金、通算老齢年金、老齢厚生年金を受給されている方が亡くなったとき
・老齢厚生年金の受給資格期間を満たしている方(原則25年)が亡くなったとき
・障害等級1、2級に該当し、障害厚生年金を受給者している方が亡くなったとき
・在職中に初診日がある傷病が原因で、初診日から5年以内に亡くなったとき

対象者

亡くなった方によって生計を維持されていた(※1)妻、夫、子、両親、孫、祖父母
※1 生計を維持されていた(生計維持要件)・・・生計を同一にし、かつ、前年の収入が850万円未満(所得655万5千円未満)
続柄によって以下のような年齢制限があります。

・夫、父母、祖父母:55歳以上(60歳までは受給できません)
・子、孫は18歳未満の年度末(誕生日が来てから最初の3月31日まで)、1・2級の障害の状態にある場合、20歳未満の年度末

利用方法

裁定請求書を記入し、提出します。請求手続きには、裁定請求書、死亡診断書、年金手帳、除籍謄本、住民票謄本等の添付書類が必要です。

申請窓口

年金事務所または街角の年金相談センター

効果

遺族のための生活保障です。     
遺族厚生年金の年金額は、亡くなった方のもらう予定である老齢厚生年金の4分の3です。
・亡くなった時に30歳未満の妻は、5年間の限定給付です。

よくある質問

Q1:遺族厚生年金を受けている場合、働いて収入が多くなると、年金は減らされるのでしょうか?

A1:収入の額によって、遺族厚生年金が減額(停止)になることはありません。

Q3:未支給年金とはなんですか?

A3:年金を受けている方が亡くなった時に、その方に支払われるはずであった未払い年金のことです。年金は、亡くなった月の分まで支払われますので、未支給年金が生じます。生計を同じくしていた遺族の方(配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹、その他3親等内の親族)が請求できます(未支給年金を受け取れる順位もこの順番のとおりです)。

アンケートに回答する

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ戻る